朝日新聞厚生文化事業団は認知症の人にやさしい地域づくりの取り組みとして、
「認知症マフ」の普及活動を行っています。

お知らせ・イベント情報

終了しました/オンラインワークショップ

日時 2021年2月20日(土)14:00~16:00
場所 オンライン開催
参加費 1,500円(材料費含む)
定員 200人

 

マフの製作、普及を目的としたワークショップをオンラインで開催します。マフ作りを指導するのはNHK教育テレビ(Eテレ)にも出演されたニット作家の能勢マユミさんです。参加者には事前に毛糸や編み針などの製作キットをお送りして、当日は能勢さんの説明を視聴しながら実際にマフ作りに挑戦していただきます。また広島県府中町でマフ作りを続けてきた認知症サポートグループの活動について、同町社会福祉協議会の担当者から報告していただきます。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、自宅で過ごす時間が増えています。マフ作りを通じて認知症のことや当事者のこと、地域づくりについて考えていただけることを願っています。

 


ワークショップの指導は、NHK・Eテレ(教育テレビ)にも出演されたニット作家の能勢マユミさん

 

≫チラシをダウンロード

 

 

プログラム

4:00~14:10 認知症マフについて 朝日新聞厚生文化事業団大阪事務所長・山本雅彦 14:10~14:30 広島県府中町の事例紹介/製作から贈呈まで 府中町社会福祉協議会生活支援コーディネーター・楢山亮さん 14:30~15:45 ワークショップ(ニット作家・能勢マユミさん) 15:45~16:00 質疑応答

 

 

ご利用方法

ワークショップはテレビ会議システムのZoomウェビナーを使います。参加される方はパソコンやスマホ、タブレットをご用意ください。 お申し込み時にご登録頂いたメールアドレスに、後日Zoomウェビナーの視聴URL等を別途お送りします。Zoomアプリが必要ですので、事前に取得をお願いいたします。Zoomウェビナーへの参加方法は、事前に資料をお送りします。またワークショップ当日にテスト時間を設けますのでお試しください。 ウェビナーへの参加はユーザー名で行います。本名でもニックネームでもかまいません。画面には参加者のユーザー名だけが表示され映像は表示されません。



お申込み

このイベントはお申し込みを締め切りました。

 

 

 

最近のエントリー